スポンサーサイト

2016.09.05 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2020年までにウェアラブル機器で変わる5つの仕事の進め方

    2015.04.12 Sunday

    0

       2020年までにウェアラブル機器で変わる5つの仕事の進め方

       2020年までにウェアラブル機器で変わる5つの仕事の進め方

       Inc.:この予測は、まだ2020年から数年先ですが、米国ピュー研究所のレポートによると、2025年には、ウェアラブル技術が一般社会に「広範で有益な影響をもたらしている」と、専門家の83%が考えているそうです。

       2013年11月、ピュー研究所は、2558人の専門家、技術者に聞き取り調査を行い、2025年にテクノロジーがどこまで到達しているかについて予測を立ててもらいました。波及効果に関する予測はさまざまでしたが、ほとんどの人が、「スマートセンサ、カメラ、ソフトウェア、データベース、および大規模なデータセンターが急増することによって、世界的で、没入型の、目に見えない、空気のように私たちを取り囲むネットワークコンピューティング環境が構築される」と考えていることがわかりました。

       人びとは、「携帯性があり、ウェアラブルで、埋め込み可能な技術を用いた拡張現実」を体験することになる。また、「身体的、社会的領域における、タグ付け、データベース化、知的分析マッピング」といった技術の犠牲者になっているか、あるいは受益者となっているだろう、とピュー研究所はレポートしています。おそらく、どちらも少しずつ当てはまるでしょう。

       こうした技術は、2020年の仕事環境にもさまざまな影響をおよぼすはずです。

       5年以内に、職場でのウェアラブルの利用は目新しいものではなくなる。

       2015年、私たちはすでにその始まりを目にしています。フォレスター・リサーチ社は、まもなくウェアラブル事業が、ビジネスのあらゆる側面を改善し始めると予測しています。ウェアラブル・デバイスや関連サービスが、人びとの生活のあり方、そして仕事のやり方を変えていくことでしょう。

       「企業たちは、ウェアラブル技術をいかにビジネスに活かすかについて、数年以内にロードマップを作らねばならないだろう」とフォレスター社は報じています。「言い換えれば、この新しいウェアラブルの波に乗り遅れてはならない」ということです。

       数年以内に、職場においても、ウェアラブルデバイスは珍しいものから、当たり前のものになるでしょう。以下、2020年の仕事環境にウェアラブル・テクノロジーが与える主な影響を予測してみました。

      1. より正確に記憶できるようになる

       個人の経験や覚書がクラウドメモリーにカタログ化され、生産性や正確性の向上に活かされるでしょう。社員たちはトレーニング中の経験を即座にクラウドに転写し、あとから参照できるようになります。…